情報発信ビジネスで副業/複業する時に陥りやすい「罠」

Pocket

fukugyou-jyouhou
(出典:http://digitalbear.blogspot.jp/2015_04_01_archive.html)

記事提供:「助っ人」は起業、独立、開業を応援するメディアです。

 

コンサルタントやブロガーとして情報発信をメインとした副業/複業を行われる方はますます増えてきています。しかし、その実践してきた経験や知り合った方々を通して感じた「情報発信」をメインとした副業/複業をされる方が陥りやすい「罠」を今回はご紹介します。ぜひこれから情報発信ビジネスに取り組んでいこうと思われている方には最後まで読んでいただきたいと思います。

今回も助っ人編集部の松山さんの記事を参考に考えたいと思います。

 

 

 

◆腹落ちしている分野で情報発信をしていますか?


fukugyou-jyouhou2
(出典:http://6years.seesaa.net/article/430237072.html)

 

コンサルタントやブロガーなどの情報発信をメインとしたビジネスを行うにあたっての「罠」。

それは

「自分が腹落ちしていない分野で情報発信を行ってしまう」

ということです。

 

発信している分野に関しての知識やスキルをそこまで有していない、そもそも興味のないがという方が結構多いのが実情です。簡単に言うと「無理して専門家ぶっている」ということですね。

 

「稼げそうだから…」
「トレンドだから…」

 

という理由で、例えば「マーケティングコンサルタント」や「自己啓発コーチング」「アフィリエイトブロガー」などを名乗ったりします。今の時代インターネットで簡単に個人が情報発信を行えることからも、薄い情報を発信してしまう人が続出しています。自分自身がこれまで関わったことのない分野や興味を持つことができない分野であれば、その発信する情報には何の価値もありません。ただ書籍やサイトからの情報を整理しているだけであり、他社や他サイトと差別化することはできません。自身が実際に経験し、リアルな1次情報を発信して初めて価値を見出します。

 

 

 

◆腹落ちしていない分野での情報発信ビジネス


fukugyou-jyouhou7
(出典:http://nomadicwood.com/)

これは精神的に正直かなりきついです。たとえ運良く稼げたとしても、その後の継続的な収入が得られなかったり、しっかりとしたサポートを提供できなかったりと、必ずどこかでぼろが出ます。また自分にどこか嘘をついた状態で情報発信を行うので、ビジネスを行っている本人にとっても気持ち良いものではありません。

 

例えば超アイドル好きのヲタクの人が発信する情報とテレビの情報などだけでアイドルファンを名乗る人の発信する情報とでは、当然ですが情報の質や重みが違ってきますね。ビジネスコンサルタントの場合でもそうです。ブログアフィリエイトで月30万円以上を毎月稼ぐ人の発信と月1万円を1回だけ稼いだことがある人が発信する情報のどちらが知りたいですか?

となると結果は歴然でありますね。

 

 

 

◆テクニックだけでは難しい


(出典:http://www.proof0309.com/entry/burogushosinsha)

腹落ちしていない分野であってもライティングスキルや話し方、営業テクニックだけで運良く上手くいく人もいます。しかし、ほとんどの人がうまくいきません。テクニックだけで勝負することはビジネスの世界だけでなくスポーツの世界でも音楽の世界でも通用しませんね。

基礎となる知識、スキルがあってこそ初めてのテクニックなので、ここが欠けている状態ではどうしても軽いセールスやありきたりなセミナー、ブログになってしまったり…。情報発信はしっかりとその分野の情報、商品知識、市場の状況などをインプットした上で行うべきです。

 

 

会社員としての営業では商品知識や顧客情報などをしっかりと叩き込み営業をするにも関わらず、これが個人でのビジネスとなると途端できなくなります。原因としてはやはり「環境」もあるでしょうし、どうしても「お金を稼ぐ」ということに目が行き、稼げそうな分野に挑戦してしまうためです。その分野に関する基礎知識やスキルがあるから見込み客に対しても思い切った提案ができるのです。

実践的な知識はもちろん基本的な知識が欠けているにも関わらず情報発信ビジネスを行っていると、見込み客やサイトに訪れたユーザーに対して思い切って提案に踏み込めません。当然そうなると稼ぐことはできなくなり、結局今やっていることに意味を見いだせずに辞めていってしまうということに多くの人が陥ります。これが僕自身もハマってしまった情報発信ビジネスの「罠」です。

 

 

 

◆結局は自分の「内面」と今の「外面」を合わせる必要がある


fukugyou-jyouhou4
(出典:http://koi-lover.com/heartbreak/)

ではどうすればこの状況を解決することができるのでしょうか?それには2つの答えがあると考えています。

 

①自分が情熱や興味を強く持てる分野での情報発信

②自分の1歩後ろを歩く人たちをターゲットとした情報発信

 

一つずつ答えを見ていきたいと思います。

 

 

 

①自分が情熱や興味を強く持てる分野での情報発信


fukugyou-jyouhou5
(出典:http://www.job-rescue.com/passion-of-join/)

普段から自然に情報収集を行っていることでしょう。ここで重要なことが、それがどのような分野であっても良いということです。政治や経済のこと、芸能人・エンタメのこと、ペットやDIYに関することなど、自分が興味を持ち率先して情報を取りに行っている分野を選択することです。

 

そんなことで仕事になるのか?

 

という疑問を持ってしまいがちですが、そんなことはありません。インターネットが発達した今の世の中、非常にニッチな分野で活躍されている方もいます。部屋片付け専門コンサルタントとして日本全国を飛び回る方やテレビのCMが好きという理由でCMに関するブログを作成し稼がれている方もいます。大事なのは「自分が自然と興味を持つ分野」を選ぶということです。そういった分野を選んで初めてあなたの発信する情報が、他の誰にも真似できないものとなっていきます。

 

 

 

②自分の1歩後ろを歩く人たちをターゲットとした情報発信


fukugyou-jyouhou6
(出典:ぱたくそ)

これはビジネス系や資格系の情報発信に役に立ちます。

自分の1歩後ろを行く人への情報発信です。つまり、ブログで月5万円を稼いだ人がまだ副業を行っていない人に向けて情報発信をする。ある資格の1級を持つ人が、2級3級の合格を目指している人に向けてサイトを作り勉強方法や心の持ち方などの情報を発信してあげる。といった過去自分が経験してきたことを発信するのです。

 

過去に自分が経験していたこともあり、しっかりと腹落ちし確信を持った情報を提供することができます。

また②に関して重要なことは、「誇張しすぎない」ということです。月5万円しか稼いでいないのに、月30万円稼いだことにしようとか、1級の資格を持っていることにしようとかにしてしまうことです。これをしてしまうと、やはり自分の中での「迷い」「混乱」「嘘」が生じてしまいます。せっかくの情報がだんだん薄くなり、思い切った提案や発信が出来なくなります。ポイントは等身大の自分で情報を発信していくこと、ビジネスを進めていくということです。

 

 

 

※本記事の提供元はこちら

 

 

 

 


【参考/参照】
◆助っ人
情報発信ビジネスで副業する時に陥りやすい「罠」

投稿者プロフィール

パラレルキャリア通信 編集部
パラレルキャリア通信 編集部
パラレルキャリア通信編集部です。主に複業(副業)の方向けの記事を書いていきます。ノウハウ記事をはじめとして、実際に一歩踏み出せるための記事も提供していきます。
Pocket

Translate »