やりたいことのためにパラレルキャリア(複業)期間を設けてみませんか?

Pocket

やりたいことがある!

けど思っているように上手くいくかどうかわからない…

 

そんな事ってよくありませんか?

 

実は僕も現在独立するまでに、「起業したい!けど、今のシゴト辞められない」と言ってパラレルキャリア(複業)をしている期間がありました。

僕が複業をしていた話

実際に経験した身として

『●●のための一時的なパラレルキャリア・複業期間』って良いと思います。

 

前にも書きましたが、やりたいことをやるには3つのステップがあると考えています。

 

それは

「知る」→「試す」→「やる」

この3つのステップです。

 

中でもこの「試す」の部分が日本ではまだまだサービス化されていないと思っています。

しかし、今回新たなサービスが出てきました!

個人的にも注目しているサービスですので、是非紹介させて頂きたいと思います!

 

 

 

◆「試す」上で使えるサービス

新しいサービスを紹介する前に少しおさらいをしていきたいと思います。

 

ランサーズ、クラウドワークス、ビザスク、プロクル、サンカク、PARAFT(パラフト)、仕事旅行…

などなど以前色んなサービスを紹介させて頂きました。

複業・副業への第一歩 ~使える!webサービス一覧~

上記のようなサービスは各種法人や団体が一般の方々向けに提供するいわゆる「サービス」としての存在ですね。

 

 

他方では、下記のようなCtoCマッチングサービス(プラットフォーム)などもあります。

【複業に使える!】WoW!meを使ってみた!

WoW!meやanytimes、タイムチケットなど、一般顧客同士がプラットフォーム上でやりとりをして、スキルの交換や売買をしていくというサービスも展開されています。

 

 

 

実際に複業をしていくという観点でみると

 

①既にサービス化できる特定のスキル/ノウハウを持っているケース

→ランサーズ、クラウドワークス、ビザスクなどのサービスがおすすめ。

 

②まだ自分自身の中でサービスとして提供できるだけの十分なスキル/ノウハウ/実績を持っていない。

→WoW!me、anytimes、タイムチケットなどがおすすめ。

 

このように分類されるかと思います。

特に①に関してはエンジニア/デザイナー/翻訳・通訳…などの特定の専門スキルをこれまでの社会人経験の中で培ってきた方などはすぐにチャレンジできると思います。(仕事での実績/ポートフォリオが存在するため)

しかし、別分野で挑戦したい!という方や文系でフリーランスになった方、独立した方などはエンジニアやデザイナーのようにネット上にマーケットがまだ確立されていないので、CtoCマーケットに活路を求め、まずは実績(ポートフォリオ)を作ってくことが大事だと思います。

 

 

 

◆「試す」という部分が社会人になると難しい…

transit4
(出展:pixabay)

働き方が多様化されていく中で

起業/パラレルキャリア・複業/フリーランス…

など色んな選択肢が目の前にはあるかと思います。

 

ただ、その中で自分にとってどれが合っているのか?

自分にとってやりたいことが実際に世の中に必要とされているのか?

ということを実践(試す)をしながら生きるということが社会人になると極めて難しくなります。いきなり仕事を辞めて、チャレンジする!というのも中々決断できないですよね。

 

学生と違って、インターンという形で「試す」という事が極めて難しいのが社会人だと思います。

なので、結局「やる or やらない」の二つしかなく、中間点がこれまではなかったのが実情です。

 

ここに楔を打ったのは「複業・パラレルキャリア」だと思います。

・現状の生活を本業やで維持しながら、一部新たな実践(試す)をしていく

・あるいは一部ライスワークとして生活を維持させながら、やりたいことを実践(試す)をしていく

このどちらかの選択肢が手に入っただけでも大きな進歩だと思います。

 

 

 

 

◆キャリア展開に新しい選択肢を「Transit」

さて、前置きが長くなりましたが、こういう状況下の中で注目すべき新しいサービスが生まれています!

それは…

transit
(出展:transitのHP)

 

キャッリフレーズは「天職を見つけるための、新たな転職のカタチ」です。

 

どんなサービスか?というと…

<フルタイムでもアルバイトでもない求人情報のみが掲載可能な求人媒体 >

というものです。

 

実際に興味がある仕事や企業があっても

「自分にとって合っているのだろうか?」

そんな疑問や悩みが当然浮かぶかと思います。

 

そんな疑問や悩みを解決するために

フルコミットする前に、3ヶ月間の業務委託期間を設けること

を提案してくれています。

 

なので下記のように

transit2
(出展:transitのHP)

天職(=やりたいこと)にたどり着くまでに複業やパラレルキャリア期間として

「試しにやってみる」

という事ができるサービスなんです!

 

 

一般的な業務委託の紹介サービスなども大抵は「最低週3日以上コミットできること」なんて条件が付与されているケースも多く、本業の仕事をしながら取り組むことなどは難しいのですが…

transitではなんと「週1日から可能」な案件も掲載されていくそうです。

 

WoW!meやanytimes、タイムチケットでも様々な事をスポットで試すことはできますが、企業の中で確立された「仕事」として試していくのとはまた少し異なります。

実際、転職市場においても需要が高まっているエンジニアなどでも「業務経験2年以上」が条件にされている企業なども多いのです。人手不足と言われていても、大手企業以外のどの企業も人を育てている余力なない企業が多く、業務経験(仕事の中での実績・経験・ポートフォリオ)を求める所が多いのです。

 

転職でなくとも、起業したり、独立してフリーランスになるときでも

「これまでどんな事をしていきたのか?」あるいは「どんな事ができるのか?」

という実績を持っておくことは大事です。

 

 

何故かって?

単純です「人は実績とかブランド(信用背景)等を見て購入するかどうか決めている」からです。

 

それが独立したCtoCマーケットよりも企業の中で仕事としてやっているということの方が現状では重要視されていると思います。

 

transitは

・企業の中で仕事としてやって(試すこと)ができる

・実績を積み上げることができる

・複業/パラレルキャリアとして平行して取り組むことができる

などのメリットがある面白いサービスだと思います。

 

サービスはまだリリースされたばかりですので案件はこれからどんどん増えていくかと思いますが

transit3
(出展:transitのHP)

このような形でエンジニアやデザイナー以外の人事/キャリアアドバイザーや経営陣・顧問などクリエイティブ職以外の案件などの分類も存在し、掲載さいています。

※全てが公開求人という訳ではなく、社名非公開の求人なども存在します。

また、プロフィール設定によって希望月収の設定や希望勤務地、今後やってみたいことなどを書くこともできます。
(企業さんとの案件マッチングの際に有益な情報となり得るかと思います)

 

 

いかがでしょうか?

いきなり起業!独立!フリーランス!なんて無理…

って方には特にオススメしたいです。

 

まずは「試す」ところから始めてみませんかか?

 

 

 


【参考/引用】

天職を見つけるための、新たな転職のカタチ transit

投稿者プロフィール

日比大輔
「やりたい」をもっと素直に実現したい!5年勤めたヘッドハンティング会社を16年7月に辞めて、現在は就活サポート・若手社会人のお悩み相談を受けています。新しい働き方のトレンドやまとめ記事など多種多様にブログで発信していきます。
Pocket

Translate »