【Worker’s Real】北欧(海外)×フリーランスデザイナー&ブロガーという生き方

Pocket

みなさんこんにちは!フリーランスデザイナー、そしてブロガーのあおいです。

aoi

自己紹介で紹介しているように、わたしは日本ではなく北ヨーロッパで生活しています。

今や誰もが知る北欧の1つ、フィンランドがわたしの生きる国。



現在はフリーでデザイン、イラスト、DTPなどを請け負いながら、「スオミの旦那と一生一笑」というブログを運営しています。

 

 

 

◆なぜフィンランドに引っ越したのか


aoi2

よくある話ですが、大学の頃に交換留学で出会ったフィンランド人と恋に落ち、遠距離恋愛を経て、卒業後すぐに結婚したからです。

志望していた内定先を断念し、卒業して即結婚、日本を去るだなんて、今覚えばものすごく挑戦的で危なっかしく、変な自信を持っていたなと思います。

しかし、なぜか家族も友達もそんなわたしを真っ向から反対せず、笑顔でフィンランドへ送り出してくれました。

 

 

なんてったて、小さい時から「わたしは外国人と結婚する!!」と言い続けていましたから、だれもNOとは言えず、無理もありません。

とにかく、自分の人生はきっと生まれた時からこういう運命だったのかなと、思ったりもします。

 

 

 

◆海外で生きる覚悟、フィンランドの生活と現在


aoi3

フィンランドですぐに仕事が整った訳ではありません。

英語は話せても、日本語以上に難しいと言われるフィンランド語を少しでも話せなければ、社会にうまく属せないとわかり、まずはフィンランド語の習得から生活が始まったのです。

渡航前、「すぐにでも仕事をしたい!」という気持ちがありましたが、実際海外に住んでみると、留学生だった時とは違う生活への緊張感、将来のことがいつも心を重く埋めつくしていました。

「わたしはフィンランド語が話せない。この先ここで0から生きていくのか」

という大きな不安でした。

 

 

aoi4

留学やインターン、旅行では味わえない、違う国で生きるという覚悟と責任が、こちらで壁にぶつかるたびに身に沁みて感じられました。

銀行口座をつくる、保険を登録しに行く、警察署にビザを申請する、などなど…

日本では簡単にできたあれこれを、いつも誰かのサポートなくては、全くわからないのが現実。ひとりで判断できることも、申請できることも、何もできない0スタートで、正直愕然としました。

これが違う国で、新たに生きるということ。



そういうことで、引っ越してから数ヶ月後、夜間のフィンランド語のコースに通い、その後は就職支援の機関が開講する、無料のフィンランド語の学校に通わせていただいたのが、わたしのフィンランド生活の始まりなんです。

 

 

 

◆しかし、学校を辞めてフリーランスに


そんな不安を抱えたわたしでしたが、さらなるスタート地点に立つことになります。

またもやわたしは就職するという道を一旦外れ、フィンランド語の学校を数ヶ月で辞めて、突然起業することになったのです。

その理由は、趣味で始めたブログを仕事にすることになった、いや、すると決めたからです。

 



フィンランドへ引っ越してから数ヶ月後に始めたブログが、半年も経たないうちに、高い人気を集めたことがきっかけです。ブログが仕事となり、本気で打ち込むことにしました。
そう、今がまさにその真っ只中です。

 

 

 

◆どんなブログ?


aoi5
(世界一不味いお菓子が本当は美味しかった!?リコリス&サルミアッキのイベントが熱い)

 

フィンランドの生活、旅行情報から、国際結婚の日常などを執筆し、ちょっと笑える漫画やイラストを添えてほぼ毎日投稿しています。

それに加え、私たちが興味のあるフィンランドまたは日本の企業の事業やコンテンツ、北欧デザインなどを読者に紹介するなど、さまざまな記事を執筆しています。

夫であるフィンランド人のあれちゃん(ニックネーム)と、わたしが主な登場人物ですが、今後豊富なコンテンツを増やして、フィンランド人との関わりを深めながら活動の領域を広げていくのが、わたしの目標です。

 

 

 

◆得意を1つ1つ仕事にする


もちろんブログだけで生計を立てている訳ではなく、基本的には昔からデザインの仕事を請け負っていた経験があるため、フィンランドで、フィンランド人や日本人を相手にデザイン、DTP、イラストなどの仕事も受けたりしています。

また、美術・工芸の教育免許を持っているということから、これまで夜間の学校で授業をもたせて頂いたり、得意のアートを活かした活動、パーティー先を訪問するアート関連のお仕事などを行っています。

 

そして実は、ブログの先にもっともっと大きな夫婦の夢があるのです。それは将来的に発表していこうと思います。

 

 

 

◆フリーランスになるということ


歩んできた道でこういうチャンスに巡り合ったのだから、目の前にある今できること、作り出せること、目指せることを、夫と一緒に本気で取り組みたいなと思いました。

それに、フィンランドの社会は個人を尊重してくれるし、年齢など全く気にしない国。

 

自分はいつでも挑戦できる

という自信をフィンランドが与えてくれました。

 

失敗したって転んだって、新しいチャンスはきっといつかやってくるし、行動力さえ身につけていれば、自ら作り出せるだろうと信じています。

(事実、わたしは相当なネガティブですが、超ポジティブな旦那がいるおかげです。)

 

 

 

◆さいごに


これからはパラレルキャリア通信にて、どうやって海外で起業できたのか、フィンランドの国が行う起業家サポート、どんな暮らしをしているのか、仕事のエピソードなどを随時投稿していきます。

 

もしよければぜひブログの方へ覗きにきてください。スオミの旦那と一生一笑はほぼ毎日更新中です。

aoi6

投稿者プロフィール

Aoi
Aoi
フィンランド在住。留学中に出会ったフィンランド人と恋に落ち、大学卒業後に結婚。現在フリーランスでDTPデザイン、グラフィックデザインなどを請け負う。2015年10月、北欧ライフスタイルと国際結婚、フィンランドの旅行情報等を連載する4コマ漫画ブログ[suomi-isshoissho]を開設。現在月間約30万PVを超え、さまざまな現地情報をユーモアたっぷりのイラストで届けるブロガーとして活躍中。北欧で自分らしく、のびのび働く夢を叶えるために奮闘中!そんなライフスタイルを書いていきたいと思います。
Pocket

Translate »