求人尽力というスタイルについて

Pocket

こんにちは。パラレルワーカーの梶です。

cp_kaji,writer1

銀行員(2年)→旅人(自転車日本一周)→ニート→パラレルワーカー(27歳)です。

WordPressによるHP制作、転職エージェント、フォトグラファー、動画制作のコーディネーター、その他諸々…を仕事としてやってます。 じっとしてられない性格なので…プライベートでもツリーハウスや旅関係のイベントだったり、いろんな活動をしてます。 また、日本二周目と称して、お世話になった人に挨拶しながら全国各地にも出没中。(現在32都道府県再訪)「日本なら2日あれば往復できる」が口癖。 ブログ(http://natural-naoki.com)では「日本一周、イベント主催(旅・自然体験系)」などの自身の体験を基づくものを中心に発信。 自然人(自分の心に素直に生きて、他の誰かを輝かせるような人=直輝)としての生き方を模索中。

今日は「求人尽力」というスタイルについて話したいと思います。
過去に書いた記事:https://parallel-career.info/2016/12/07/do-mybest/

求人尽力:自分を求めてくれる人に全力を尽くすという造語。

人に寄り添うことが仕事に繋がるということを実感しています。

 

人から求められる、頼られるには?

kaji

当たり前のことをこなしていけば、信頼関係は生まれる。
約束を守ること。

ぐらいかな。

…本当にやらなければいけないことって、それぐらいかと。
むしろ、それさえもできない人が多い世の中ですから…

最近、自分みたいになりたいって人がたまーに、いる(どこを見て言ってるのかわからんけど…梶はやめといたほうがいい)けど、自分が求められる理由として挙げられるのは

①話しやすそうな雰囲気
②頼んだらやってくれそう
③直接ではなくても、なんとかしてくれそう

の3点だと思う。

 

自分が求められる理由

kaji

①話しやすそうな雰囲気:
来る者拒まず、去る者追わずのスタイル。銀行員〜旅人〜ニート〜パラレルワーカー等、色んな人達と関わりを持ってきたからこそ、多様性・許容範囲は広いはず。頭ごなしに否定するのではなく、1度相手の話を聞いて受け止める。知識ベースではなく、経験ベースで話す。色んな角度から相手の本音を引き出そうとする。就活時の性格テストで「聴く力」満点。約束は破らない。

②頼んだらやってくれそう:
有言実行。人生ノリと勢い。自分にできないと判断したらすぐ断るけど、できると思ったらすぐ回答。微妙なこともなるべく実行できるように、物事を展開していく(やらない理由を考えるよりも、先にやれるように行動)。やりきる力(自転車日本一周)

③直接ではなくても、なんとかしてくれそう:
自分にできない、と判断しても、それを実現できそうな人、可能性のある人を繋げる。実現するために必要なことの段取り、違う角度からの切り口を提示。

以上の3点を自分に感じてくれている人が、自分を求めてくれるのかと思う。

 

最後に

kaji

旅中に言われた言葉で
「人に対して行った行為は、その人からは返ってこない。回り回って、他の人から返って来る」
(参照:106日目最後(http://natural-naoki.com/2015/09/07/103-106days/)

この時は知らなかった、ペイフォワードという言葉。
余裕のある時にやってあげれば、余裕のない時に誰かが助けてくれるはず。そう思っていたことが、今は現実になりかけてる。目の前の人を大切にすることで、求人尽力することで、新しい仕事を生み出す。事業に貢献する。

そういった形で物事に、人に付加価値を与え、生きていくことが梶のスタイル。求人尽力の生き方が2016年の記事当時から先に繋がってきたという今。理想像かもしれない。けど、確かにそのサイクルに入っていると思う。

人に尽くす。それが認められる世の中になってきてますね。

投稿者プロフィール

梶 直輝
銀行員(2年)→旅人(自転車日本一周)→ニート→パラレルワーカー(27歳)です。WordPressによるHP制作、転職エージェント、フォトグラファー、動画制作のコーディネーター、その他諸々…を仕事としてやってます。 じっとしてられない性格なので…プライベートでもツリーハウスや旅関係のイベントだったり、いろんな活動をしてます。 また、日本二周目と称して、お世話になって人に挨拶しながら全国各地にも出没中。「日本なら2日あれば往復できる」が口癖。ブログでは「日本一周、イベント主催(旅・自然体験系)」などの自身の体験を基づくものを中心に発信。 自然人(自分の心に素直に生きて、他の誰かを輝かせるような人=直輝)としての生き方を模索中。
Pocket