【交流会】“ビジネスマン限定”ラップバトルがブーム!? 新たなカタチでの異業種交流とは

Pocket

今、一部の社会人の中で「ビジネスマン限定のラップバトル」がブームになっていることをご存知でしょうか?

21124258_1534339279960679_1722826649_n

なかなか勢いが留まることのない昨今の「ラップバトルブーム」。

制服姿の中高生から、全身刺青だらけの怖いお兄さんまで、多くの人が音楽に乗せて、ラップでお互いの”DIS”をぶつけ合う姿は、かなり見慣れたものになってきました。

最近では、「芸能限定」や「女性限定」のラップバトルなんてイベントも、開催されているくらいです。今回ご紹介する「Businessman Rap Tournament」(以下BRT)は、なんと普段スーツ姿で働いているサラリーマンが一同に介し、節度を持ってDISり合う「ラップバトル」なんだとか・・・

 

申し遅れました。週末タレントのあすみん改め、まると申します。普段はIT系の会社でPRの仕事をしております。よろしくお願い致します。

maru

「やりたいこと」って色んな形があると思うんです。とくに「パラレルキャリア通信」の読者の皆さまは、起業・フリーランス(独立)や複業など、様々な形態で自由に働かれている方が多いのではないでしょうか。

でも、やりたいことって「仕事」とは限りません。今回は少し趣向を変えて「趣味・遊び」の観点で、会社員を続けながらもやりたいことを実現できる場/空間について触れていきたいと思います!

 

 

 

8/18に行われた第19回Businessman Rap Tournament

会場となった永田町にあるシェアスペース「GRID」では、「Empowering the people to connect.」というミッションを実現するため、経済産業省とコラボし、社会にインパクトを与える最先端の分野に取り組んでいます。

フリーランス、スタートアップ、大企業、政治家、国、学生が交わり、価値観をぶつけ合う大人のたまり場となっていました。

ラップ2

シェアスペースに集結した、様々な職種のビジネスマンたち。

会場で見つけた、個性あふれる「ビジネスマンラッパー」の中から、一部の方をご紹介しますね。

一人目:幼稚園の先生 MC TOY

ラップ3

ラップスタイルは未完成な部分もあると感じましたが、さすが子供をあやすのは上手で、会場で泣いていた小さい子を一瞬で落ち着かせていました。本業のスキルがこんなところで生きるとは・・・(笑)

二人目:タクシーの運転手 Ambitious

ラップ4BRT初参戦!タクシー会社らしいラップ内容で会場を沸かせました。

都内を中心にハイヤーを走らせているとのことだったので、どこかで会えるかも?(笑)

三人目:ワーキングママラッパー Tomgirl

ラップ5お子さんが不思議そうな顔をしています(笑)ラッパー歴20年で、女性ラッパーたちの祭典、「CINDERELLA MC BATTLE」などにも出場歴のあるとのこと。Twitter:@Tomgirlweb

ラップ6

会場でバトルビートを流すDJはなんと日体大の大学生でした!BRTは社会人と学生の交流の場にもなっているんですね。

 

しかし、、、、世の中にこんなにビジネスマンラッパーがいるとは驚きです。

 

今回のエントリー者は30名ほどだったのですが、業界業種様々で、大規模な異業種交流会となっていました。ラップを通じて、ほとんど仕事上のつながりや共通点が無いであろう人たちが楽しそうに交流する様子は、とても新鮮に感じました。

ラップ7

会場にいた「株式会社SUPERSTUDIO」のMAD BENN(本名:真野勉)さんに、今後の「ビジネスマンラップ」についてどう思うか、お話しを伺ってみました。

「もともとラップ好きだった人たちが社会人となって集まれる場が作れたと思っています。しかもそれぞれが会社に所属しているため、ラップを通じて仲良くなり新しいビジネスが生まれることも多いです。私の会社にもBRTを通して社員となる方もいますし(笑)今後ももっと大きく意義のある社会人らしいイベントにしていきたいと思っております。」

BENNさん(真野さん)

ラップ8

スマホ片手に、途切れることの無いお仕事のメールをさばきながらテキパキイベントを進行するBENNさん。ラップとビジネスの今後の可能性についてイキイキと語って頂けました。

 

BENNさんの仰るように、今後も場所、時間帯を変え、様々な業界業種とコラボしたラップバトルが開催されていくと思ったら楽しみですね。

 

あなたの街でもBRTは開催されるかも?

「参加してみたい」

「RAPバトルを聴いてみたい」

そんな人は、ぜひともBRTのTwitterアカウントで今後の開催予定をチェックしてみてください。

BRTのTwitter

 

「まだ少し怖いかも?」

なんて思っている方安心してください。

大丈夫です。

 

「みんな普通のサラリーマンですから(笑)」

 

刺繍入れたような怖いお兄ちゃんはいないですよ!本当です。

BRTにはおじ様からちびっこまで楽しめる、PEACEな空間が広がっていました。

ラップ9

他には男たちの熱い汗と友情と、

BRT3

ラッパーお母さんの本気と

ラップ11

プロのラッパー(審査員)による、生ライブも見れたりしますよ!

 

 

 

今回のゲストは、ラッパーの狐火さん。

ラップ12

「ポエトリーラップ」の分野で有名な方で、生き方や誰もが共感できるなやみを詩の朗読のように、トラックに乗せてラップするのが特徴です。

狐火さんの夜通しツイッターはこちら

 

今夏は現在ブームになっている「フリースタイルラップバトル」を通じて、様々な層の人々を巻き込んだ新しいコミュニティが生まれていることをお伝えしてきました。

BRTに参加すれば、様々な働き方をされているラップ好きの人たちに会えること間違いなしです。

 

パラレルキャリア通信読者の皆さまも、ぜひイベントに足を運んでみてください。

また過去のBRTイベント情報や、「ビジネスマン×ラップ」をテーマとしてコラムを連載しているHPもあるんだとか。

こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

 

「ビジネスマンラップバトル」の空気感に慣れたら、あなたも

「ラッパー」としてデビューするのもありかもしれませんね(笑)

それではまた!まるちゃんでした!

 

投稿者プロフィール

岡田 あすみ
居酒屋で2年半店長をし、個人事業主「なんでも屋」として16年10月まで活動。現在はIT業界でエバンジェリストを行いながら、土日は「まるちゃん」としてタレント活動を行う。活動の中で出会う人、感じたことをブログで綴っていきます。カテゴリは「起業・個人事業主・フリーランス・仕事体験・食、農・田舎暮らし・脱サラ」
Pocket