8月6日(日)14時開催!Social Salon vol.15〜東京から考える、沖縄のコト〜

Pocket

みなさんこんにちは!ゆだまいです!^^

yudamai

先日、Social Salonについての記事を投稿させて頂きましたが…

【Social Salonって何?】社会問題を知り・感じ・考え、”自分ゴト”として捉え、支え合える社会の実現を目指す、対話の場

 

 

本日は、次回下記スケジュールで開催されます、

 

8月6日(日)14:00〜
Social Salon vol.15〜東京から考える、沖縄のコト〜

 

に先駆けまして、

①イベントのご紹介

②私湯田の、6月の1週間の沖縄ルポ

を書きたいと思います!

 

 

 

①Social Salon vol.15〜東京から考える、沖縄のコト〜のご紹介

ss
(開催日時:8月6日(日)14:00〜17:00)

 

みなさんにとって、”沖縄”って、どんなイメージがありますか…?

IMG_8340

・青い空、白い雲、透き通ったビーチetc…リゾートとしての沖縄。

・沖縄地上戦、基地問題などの社会問題。

・美味しい沖縄料理、民謡、シーサーなどの文化。etc…

 

色んな側面がある沖縄ですが、今回は、

*琉球新報 東京支社 新垣毅さん

*琉球ミライ株式会社 嵩元直萌さん

のお二人をお招きし、沖縄の基地問題のこれまでやこれから、そして、沖縄の未来を考え行動する若者の活動についてお聞きしながら、東京ではあまり知ることの出来ない、”沖縄の過去・今・そしてこれから”、一緒に、知って、感じて、考えてみませんか…?

 

開催場所

ソーシャルビジネスラボ2

東京都中央区日本橋蛎殻町1-24-4 井川ビル2F
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅出口3から徒歩3分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅A2出口から徒歩7分
東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町」駅4a出口から徒歩7分

 

こんな人に来て欲しい!

*基地問題ってニュースで聞くけど、、、よく分からない!
*沖縄好き!よく行く!(…けど、よく知らない。。)
*沖縄で活躍してる若者ってどんな人がいるんだろう…!
*東京にいてよく分からない社会問題について知りたい!話してみたい!etc…

どんな方でも、お気軽にお越しください…♪‼︎

 

 

 

②ゆだの沖縄1週間滞在ルポ

<私が、1週間沖縄に滞在したいと思ったワケ>

”社会問題を自分ゴトとして捉え、行動の種を蒔く”為のNPO法人、Social Salonを立ち上げている私は、

日常に潜む、”「自分ゴト」に出来ていないこと”を探し歩くことに、目がありません。

 

私にとって沖縄は、高2の修学旅行に訪れた場所。

ガマに入ったり、戦争体験者の方のお話を聴き、「二度とあんな戦争が起きないようにしたい」という想いを受け、感じた筈のに、その後何にも繋げられていない自分と、特に繋げる機会や仕掛けのなかった、教育への違和感がありました。

 

そして今年2月。退職前の有給消化中、沖縄へ飛び、大学時代の後輩のお父さんに平和ツアーガイドをお願いし、普天間基地が見える高台から、ガマの中まで、丸一日ガイドをして頂きました。

 

そこで、感じたこと…

本当に、知らないことだらけだ…

 

そして、

*過去の沖縄戦から繋がる現在の基地問題<過去〜現在>
*現在の基地問題と、実際の生活との繋がり<社会問題〜実生活>

この2つの視点の繋がりが大変見えやすいことに衝撃を受け、絶対Social Salonで取り上げ、考えたい!

と言う衝動にかられました。

基地のフェンスの向こう側。初めて間近で見て、もっと知りたい、という衝動に駆られました。
(基地のフェンスの向こう側。初めて間近で見て、もっと知りたい、という衝動に駆られました)

 

兎にも角にも、1日だと全く消化も仕切れない。

『絶対、最低1週間はまた来る!』

そう決意し、6月半ば、遂にその時がやってきました。

 

だらだらと書いても仕方がないし、私がだらだら書くより、8月6日のイベントで直接お聞き頂いた方が良いこともあると

思うので、本記事では、特に衝撃を受けた下記3点について触れたいと思います。

 

 

 

◆慰霊の日の存在


私が滞在したのは、6月19〜26日。なんと図らずも、

沖縄戦の組織的戦闘が終了(=牛島司令官が自決)した日とされる、

”慰霊の日”

を含んでいました。

 

恥ずかしながら、私自身は、日程決定後、現地の方々とのやりとりの中でこの日を知りました…。

地方公共団体の休日とされ、休みとなる企業も多いこの日、沖縄県平和祈念資料館やひめゆり平和祈念資料館は入場無料となります。

平和記念公園では、沖縄県が主催する沖縄全戦没者慰霊祭が行われ、安倍首相も来られていました。

多くの遺族の方が、先祖を偲び訪れています。
(多くの遺族の方が、先祖を偲び訪れます。)

また、敵味方関係なく戦没者の名前が記されている、平和祈念公園内にある「平和の礎」では、沢山の遺族の方が世代を超えて集まり、追悼の意を示されていました。

遺族の方のお供え物が並び、その前で飲食をされる方々も多く目にしました。
(遺族の方のお供え物が並び、その前で飲食をされる方々も多く目にしました。)

8月6日は広島、8月9日は長崎への原爆投下、8月15日は終戦の日。

 

それは知っていても、6月23日慰霊の日の存在や、沖縄の地上戦で起きた惨劇の数々ー。

大学時代に途上国を旅し、その国の紛争の様子へ心を傷めていた私ですが、同じ日本という国の中で起きていたことをろくに知らなかったことに改めて気付かされ愕然とすると共に、平和を願う人々の声が今も鳴り止まない沖縄という土地のことをもっと知りたい、考えたい、と思った1日でした。

 

 

 

◆沖縄で活躍する若者の存在、新しい動き


慰霊の日、三振を弾き歌う、若い方の姿もありました。
(慰霊の日、三振を弾き歌う、若い方の姿もありました。)

 

そんな沖縄の問題を自分ゴトとして考える為に、

社会を変えようとアプローチしている若者になるべく沢山会いたい…!

と言うことでした。その中で、素敵なご縁を沢山頂き、次回のSocialSalonのゲストでもある、嵩元直萌さんはじめ、

『沖縄の、日本の、未来を少しでもよくしたい!』

という想いで動いている若者に沢山お会いすることが出来ました。

 

メディアで働く人、司法業界、教育業界、沖縄県の留学経験者を増やす為の活動etc…

 

東京で、対話の場づくりを行なっている身としては、他県でその地域の為に行動している方々の姿を知るたびに、”これからの未来を共に創って行きたい!”と勇気を貰うと共に、今後、対話の場を共に作りたいと言う想いを掻き立てられました。

 

 

 

◆だからこそ今、”自分ゴト”として考えたい!


沖縄県の社会問題と言えば…基地問題。

普天間基地
(普天間基地)

”世界一危険な基地”と呼ばれる普天間基地の移設場所を巡り浮上している辺野古。

辺野古にて座り込み運動を行なっている住民と警察の衝突や、沖縄県内でも賛成反対が分かれている…など、ニュースでよく目にするのは、この辺りの情報だけ…実際どうなんだろう。

 

私自身、この程度の知識しかなく、そして、

”どっちの言い分もきっと分かるところがあって、なんとか合意点見つかるんじゃないか…。”

…この程度の感覚でいました。

 

しかし、現地に行き、様々な意見の方とお話しする中で感じたことが、ひとつ。

 

この私の、一見中立に見えるこの態度こそ、

”他人ゴト”

だったのではないか、と言うこと。

 

自ら情報を知る中で、何かを感じます。そしてそれによって、気持ちが、考えが、揺れることもあるでしょう。

その中で、

”今の自分”ができるベストな解を、考え続けていく。

 

そして、

”今の自分”の意見に賛成な人だけでなく、反対の人の意見も聴きながら、

”今の自分が最適だと思う解”を研ぎ澄ましていく…。

勿論、その途中で意見が変化したって、いいと思うのです。

 

そのプロセスの向き合っていくことが、”自分ゴト”として社会問題を捉える、

 

ということなのではないかと、私は思ってます

 

 

これからの日本の未来を共に創る…そのプロセスの第一歩って、

まず、知って見て、感じてみて、そして考えて、
”自分なりの意見を持つ”こと、

そしてその先にあるのは、

より多くの人が幸せに暮らせるような合意形成を繰り返して行けること

なのではないでしょうか。

 

 

”答えがすぐには出ない問いを、考え続けるもやもやと、楽しさをー。”

くどいようですが(笑)…

社会問題を知って、感じて、考えて、”自分ゴト”として捉える対話の場、

Social Salon vol.15〜東京から考える、沖縄のコト〜

お時間のある方、是非是非お誘い合わせの上、お越しください^^!

NPO法人Social Salon設立記念パーティーにて
(NPO法人Social Salon設立記念パーティーにて)

 

Social Salonに参加する!

 

投稿者プロフィール

湯田 舞
湯田 舞
丸暗記教育への違和感&大学2年時に初めて行ったカンボジアでの衝撃から、
〝社会のコトを考えて行動する人を育てたい…!〟と決意。大学の教育学部時代、中高社会科教員免許を取得。卒業後、「まずは自分が社会を知ろう…!」と商社へ5年勤務の傍ら、多世代での対話の場づくりを行う。

2017.6月に〝社会のコトを知り、感じ、考える対話の場・SocialSalon〟をNPO法人設立予定。2017年7月〜ミュージカルをしながら世界16都市を回るツアーへ参加を予定している。

〝よりよい社会を共に創る〟とは…?生きながら、場を紡ぎながら、働きながら、そのための方法を探していきます!( *`ω´)
Pocket

Translate »