【Social Salonって何?】社会問題を知り・感じ・考え、”自分ゴト”として捉え、支え合える社会の実現を目指す、対話の場

Pocket

こんにちは!湯田舞です!

yudamai

 

前回記念すべき1回目の投稿を終え、私にまつわる下記のキーワードを書かせて頂きましたが…

Who am I…?(元商社社員→NPO代表→世界…歌って踊れる先生を目指して)

・中高社会科の教員免許取得

・元・商社勤務

・NPO法人 Social Salon代表理事

・ミュージカルをしに海外渡航予定

今回は上記下線部分、Social Salonという場について、書かせて頂きます♪

 

 

 

さて…

SocialSalonとは一体何か。

毎月1つの社会問題を知り・感じ・考え、”自分ゴト”として捉え、支え合える社会の実現を目指す対話の場です。

看板

私湯田の、大学時代の原体験に基づく想いによる構想から昨年5月より月に1度開催し、今年6月にNPO法人化に至りました。

 

きっかけは、大学2年時、スタディツアーで訪れたカンボジアでの、現地の高校生の言葉の衝撃。

「ここでは、勉強しないと仕事がない。」

 

現地の学校で、英語も日本語もクメール語(現地語)も話し、将来への志も高い彼らに驚き、「なんでそんなに勉強するの・・・?」と聞いた私への返答でした。

 

・・・!?!?

 

その答えに、私の頭は真っ白。

 

ポルポト政権下で知識人が虐殺され、残った地雷など戦争の傷跡がまだ色濃く残るカンボジアで、自分たちが国を創って行かねばならない、との想いに燃える若者の姿にを目の当たりにし、親に学費を出して貰い通っている大学で学びに向き合えていない自分、大学受験の為の丸暗記を繰り返してきた自分が心底恥ずかしくなり、

 

”日本における教育の意味とは・・・?”

 

という問いが生まれた瞬間であり、同時に、大学に通いながらもやりたい学問もよくわからずモヤモヤしている自分自身の生き方へ危機感を感じ、このままではいけない!と、心のスイッチが入った瞬間でした。

 

夏休みが明け、自分のカンボジアで確信した、”私、本当は国際協力を学びたかった・・・!”

という想いのままに、副専攻で「国際協力」を取得。

 

その中で、

・開発教育の存在を知る

・なんとなく取っていた中高社会科免許取得の為の教職の授業

という2つの出来事により、社会科教育によって、

「社会の未来の為に考え、行動できる人を増やす!」という夢が出来ます。

カンボジアを皮切りに、途上国を始め、様々な国への旅にはまりました。
(カンボジアを皮切りに、途上国を始め、様々な国への旅にはまりました。)

そこから暫し進路に悩む中で、社会科の教員になるのであれば、自身がまず社会を知りたい…!

公教育だけでなく様々なフィールドで動ける様になる為に、私自身も学校機関以外のセクターで経験を積みたい…!

そう想い、新卒で商社へ入社しました。

 

就職して2年が過ぎた頃から、サラリーマンの傍、本来の夢へ動き始め、対話の場を開催。

多世代での対話を試み、夢や旅、文化等様々なテーマで開催するも、すればする程湧き上がる想い。

…やっぱり私、社会問題にフォーカスをしたい!!!

 

そして、対話の場を紡ぐ中で感じた、”知識のない状態での対話は、一方的な場になる”という経験を基に誕生した、

”知る・感じる・考える”が一貫して行える、対話を通した学びの場、

Social Salon。

 

*世代を超えて、社会問題を気軽に知り、感じ、語れる場
*分からないことを分からないと言える、学びの場
*似たような興味・関心を持つ人と繋がれる場

 

…こんな場を目指し、開催を続けています。

2人のゲストスピーカーの話を聞いた後、参加者全員参加で対話を行います。
2人のゲストスピーカーの話を聞いた後、参加者全員参加で対話を行います。

facebookページ

 

▼形式は、こ〜んな感じ。

*毎月違ったテーマ
*違った視点のゲスト2人以上の話を聞いてから…
*下記3つの視点からの問いを、参加者全員で4〜6人程度のグループに分かれて対話する

①自分ゴトとして考えてみる
②どんな社会にしたい?
③その中で自分はどう在りたい?

 

▼過去テーマ

2016年

6月:vol.1~私にとって〝社会問題〟とは?~
7月:vol.2~政治・選挙~
8月:vol.3~LGBTを通した人権~
9月:vol.4~旅と対話~
10月:vol.5~北欧を通して考える民主主義~
11月:vol.6~難民~
12月:vol.7~国防・安全保障~

 

2017年

1月:vol.8~AIと共に創る未来~
2月:vol.9~障害とどう向き合うか~
3月:vol.10~中国ってどんなとこ~
4月:vol.11~福祉から考える多様な生き方~
5月:vol.12〜電気、ガス、水道etc…生活インフラから考える生きるチカラ〜
6月:vol.13〜ギフトから考える、消費・選択〜
7月:vol.14〜”考える”ってなんだ?自分ゴトと他人ゴト〜

 

”どうしたらもっとより良い社会になるか?何ができるか?”

すぐには答えの出ないそんな問いを考えるのって、ひとりだとなんだか、苦しい。

 

でも、人と一緒なら出来るかも。

そして、考える、って、楽しいかも。

 

自分の中に湧き上がる、もやもやが、考える原動力になればー

…そんな想いで、日々改善、日々勉強。

 

そして次回は…

ss

8月6日(日)14:00~

vol.15〜東京から考える、沖縄のコト〜

 

私、湯田も6月に1週間訪れましたが、(次回は、このことを書くことにします…!)

東京ではわからないことが沢山…!

 

*基地問題ってそもそもなんだ…?!
*沖縄を盛り上げる、若者の活動の様子とは…!?

 

リゾートとしての側面以外の沖縄を、東京で一緒に考えませんか…?

ぜひ一度、足をお運びください!

投稿者プロフィール

湯田 舞
湯田 舞
丸暗記教育への違和感&大学2年時に初めて行ったカンボジアでの衝撃から、
〝社会のコトを考えて行動する人を育てたい…!〟と決意。大学の教育学部時代、中高社会科教員免許を取得。卒業後、「まずは自分が社会を知ろう…!」と商社へ5年勤務の傍ら、多世代での対話の場づくりを行う。

2017.6月に〝社会のコトを知り、感じ、考える対話の場・SocialSalon〟をNPO法人設立予定。2017年7月〜ミュージカルをしながら世界16都市を回るツアーへ参加を予定している。

〝よりよい社会を共に創る〟とは…?生きながら、場を紡ぎながら、働きながら、そのための方法を探していきます!( *`ω´)
Pocket