他人と競争する時代は終わった?個人としてのブルーオーシャン戦略

Pocket

はじめに

blue ocean
by Unsplash

「雇われ起業家」として、フリーランスで様々な企業の新規事業立ち上げに関わっている千代窪です。

初めてお会いした方には「こんな職種あるんですね!」なんて驚かれることが多いのですが、私が自分で作ったのでそれもそのはずです。

 

最近、落合陽一さんの『超AI時代の生存戦略』という本を読んで、シンギュラリティ以降の社会においてはそのようなブルーオーシャンなキャリア思考がますます重要になると思ったので、それについてまとめていきます。

 

 

 

共同幻想の崩壊とビジョンの重要性


超AI時代の生存戦略

早速引用ですが、落合さんは以下のように述べています。

 

今のように全員に通用する理念、言うなれば、共同幻想を脱した時代には個人一人一人のビジョンが重要

 

高度経済成長期のように、多くの人が同じ方向を向き、同じ理念の元で生きていた時代は終わり、今のような多様化が求められている時代においてはそれぞれがそれぞれのビジョンの元、生きていく必要があります。

 

また、別記事でも整理しましたが、『LIFE SHIFT』にある通り人生がマルチステージ化する100年ライフにおいて人々は多くのステージ移行を経験することになるので、人生全体で貫く自分にとって大切な要素が何なのかを意識的に問うていくことが重要です。

ビジョンに沿った選択をしていくことでステージ移行の際のリスクが減り、人生全体のストーリーとしての一貫性が生まれていくのです。

 

 

 

自らの価値基準を知ることがヒント


では、そのようなビジョンを見つけるためには何が有効なのでしょうか。
それは、自分の価値基準を知り、それを信仰することと言っています。

 

今の時代を生きる私たちにとって「信仰心」は必要なのだが、ここでいう信仰というのは宗教という意味ではなく、「何が好きか?」「何によって生活が律せられるか?」「何によって価値基準を持つか?」という、「自分の価値基準は、何なんだろう?」という問いに対する個人の答えのことだ。

 

そのような価値基準を知るためのツールとしては「キャリア・アンカー」、「ストレングス・ファインダー」などが思いつきますが、それらも実践した上で私が有効だと考えているのは「バリューファクター」です。

 

 

 

バリューファクターとは


人間行動学と自己啓発の分野で世界的な権威として知られているDr.ジョン・F・ディマティーニが開発した、「自らが最も大切にしている価値観=最高価値」を発見し、活用していくための技術です。

バリューファクターを通じて最高価値を自覚することが、自分にとって大事な価値基準を理解するための大きなヒントになると感じます。

体験できる講座はいくつかあると思いますが、都内では私も通っている李先生のこちらの講座がオススメです。(勝手に告知)

 

 

 

価値基準をブルーオーシャンな生き方に繋げる


そして、明確になった価値基準を信仰することで、人生における指針が取れ、ブルーオーシャンな生き方をすることに繋がると述べています。

 

自分にとっての価値基準や絶対的なもの=信仰がないと、自分の指針が取れない状態になってしまう。

そこから脱するには、信仰を持って個人がエッジをきかせてやっていくことだ。エッジを尖らせるために必要なことや自分の価値を決めるために必要なことを自分で持つことによって、信仰を基準にし、ブルーオーシャンを歩いて行くことに抵抗もなくなる。

 

また、AI時代におけるコモディティ化と向き合い、ブルーオーシャンな考え方で人類の価値を拡張していく必要性について以下のように述べています。少し長いですが、引用します。

 

今、私たちは、多様化した社会に向かって、違う方向に生存戦略を進めている。
 〜略〜
それらは、特定の一個のパイを奪い合うのではなく、パイをどうやって広げようか、という超AI時代の人間全体の生存戦略だ。
 〜略〜
今まで言われてきた、「自分は自分の道を行く」というのは、競争の上でどういうキャラクターを付けていくかという話だった。

しかし今、その意味ではまったくなく、これからやらないといけないことは、全員が全員、違う方向に向かってやっていくことを当たり前に思うということだ。つまり、誰も他人の道について気にかけてない、そして自分も気にしていないというマインドセットだ。

今、この世界で他人と違うのは当たり前で、他人と違うことをしているから価値がある。もし、他人と競争をしているならば、それはレッドオーシャン(競争の激しい市場)にいるということだ。つまり、競争心を持つというのは、レッドオーシャンの考え方で、そうではなくて一人一人がブルーオーシャン(未開拓な市場)な考え方をしなくてはいけない。

 

このように、これからの時代では差別化した人生価値を用いて利潤を集めていくというスタイルが、個人の人生、そして人類全体の生存戦略として重要になっていくのです。

 

 

 

ブルーオーシャンな人生に向けて


実際にブルーオーシャンな生き方を目指す上では、「そのような生き方をしている人に会ってみる」というのが有効だと思います。

ただそのような働き方・生き方をしている人はどこにいるのでしょうか?
その接点の一つとして、私も運営に関わっているコミュニティN-Workerがあると考えています。

 

8月に開催するイベントでは、次世代フリーランス「N-Worker」として実際にブルーオーシャンな働き方をしているゲストをお呼びして、自身のワーク/ライフスタイルについて語っていただきますので、きっとご自身の働き方・生き方のヒントとなることでしょう。

また、参加者同士でお互いの提供価値を活かした新たな活動を生み出すワークショップも開催予定ですので、参加することで人生のターニングポイントとなるような活動が生まれるかもしれません。

n-worker_article

 

新しい活動を生み出す N-Worker vol.4

・日時:2017年8月26日(土) 13:00 – 16:30
・会場:BETTARA STAND日本橋

詳細・参加表明は、イベントページよりお願いします。

投稿者プロフィール

千代窪 将大
千代窪 将大
「自分の人生に主体的に生きる人を増やす」というビジョンの元、「雇われ起業家」としてフリーランスの新規事業立ち上げ屋さんとして活動しています。働き方や生き方に興味があり、大企業・ベンチャー・スタートアップという大小様々な会社や、正社員・個人事業主・経営者といった形態で働いてきました。私自分がやりたいことに悩んで試行錯誤を重ねてきたので、その実体験をベースに同じように働き方や生き方に悩む人にとってヒントとなるような情報を発信します。
Pocket