【ライター総選挙】バリキャリ志向だった私が、鎌倉のシェアハウスで「本当の自分」に気付き人生が変わった話

Pocket

はじめまして!孫田(ソンタ)博美です。


1989年 山形県に生まれる
2011年 横浜国立大学卒業、中小の人材派遣会社に入社。営業として勤務。
2013年 総合人材会社の新卒エージェント部門に転職。キャリアドバイザーとして勤務。
2015年 ビジネスネームを使用し、週末起業を開始。
2016年 週末起業を縮小。本名で発信活動スタート。若手コミュニティ「U32の会」立ち上げ。
2017年 アドバイザーから企画部門へ社内異動。

 

私は現在、会社員として働いています。

 

その一方で、32歳以下の若手が「一歩踏み出すきっかけをつくる」コミュニティ、

「U32の会」を立ち上げ、仲間とイベント・交流会を企画。

(U32の会:http://hiromi-sonta.com/u32/

 

さらに、個人で公式HPを公開。

OLが「自分の生き方」を模索するリアルな様子を発信しています。

(公式HP:http://hiromi-sonta.com/

 

なぜ、そんなことをしているのか。

 

それは、「”本当の自分”が、”生きたい人生”を生きよう」と伝えたいから、なんです。

 

 

自分を「みじめ」だと思っていた学生時代


私はもともと、「生きたい人生を生きる」ことを、強烈に意識して育ちました。

 

でも、長い間、自分の「生きたい人生」を勘違いしていたんです。

 

原体験になったのは、中高生の頃。

父が脱サラ・仕事もせずパチンコ浸けになり、急に実家が困窮しはじめたことでした。
私は、普通の家が羨ましくて、自分を「みじめだ」と思うように。

yuka16011201IMG_5612_TP_V (1)

(出展:ぱくたそ)

 

「このままじゃ人生台無しになる!」

 

そう思っていたので、高校一年から必死で進路情報を収集。

可能性が広い場所に行きたくて、東京のとある国立大学を目指すことに決めました。

 

でも、偏差値が全く足りない・・・。

 

そこからは怒涛の受験勉強を開始!

3年生のときなんて、起きている時間はほぼ勉強しているような生活をしていました。

 

 

 

「頑張れば、”みじめ”じゃなくなる!」


そんなとき、よく友達からこんな声をかけられていました。

 

「なんでそんなに頑張ってるの?」

「私は孫ちゃんみたいに頑張れないから…」

 

友達は、何気なく言ったんだと思います。

でも私は、「みんなに私の気持ちなんてわからない」と思ったんです。

 

それから、心の中で人と距離をとるようになりました。

 

親は頼れない。友達に流されてはいけない。

私は、ひとりで頑張るんだ。

 

いつしか、自然とその考えが当たり前になっていきました。

 

猛勉強の結果、志望校には現役合格。

「誰でも生きたい人生を手にできるんだ!」と思いました。

unnamed

(高校の卒業式。裏側ではいろいろ悩んでいました。)

 

一方、私の頭の中には、

「目標に向かって頑張る」=「人生の成功」という方程式が出来上がりました。

 

これが、後の私にどんどん重荷を背負わせるようになっていったんです。

 

 

 

ボロボロの社会人スタート


社会人になってからも、ますますこの方程式は強まりました。

 

最初に入った会社は、就活が上手くいかず、80社受けてやっと受かった1社でした。

 

最大連続勤務32日という労働環境と、ダメ出しばかりの毎日で心も体もギリギリ。

終電の中で、携帯で「過労死」と無意識に検索していたことも・・・。

 

「この環境を抜け出したい!」と思った私が考えたことは、

「目標に向かって頑張れば、ここから抜け出せるはず」ということでした。

 

仕事をしながらずっと、何か「目指せるもの」を探し続け・・・

 

ある「きっかけ」から「キャリアアドバイザー」になることを目標に据えるようになったんです。

 

 

 

キャリアアドバイザーに!奇跡の逆転成功


この仕事に就くべく、社会人二年目で転職活動を開始。

「契約社員」でしたが、念願のアドバイザー職で採用が決まりました。

 

それからは、「この仕事で成功したい」という強い想いのもと、仕事に没頭。

 

とにかく仕事第一で、夜遅くまで仕事。休日も仕事のことを考えるような生活でした。

ちょっと鬼気迫っていたな、と思います。

 

結果、毎月の目標を上回る成果を出し、全社表彰である新人賞を獲得。

表彰式

(全社表彰をしてもらったとき。)

 

正社員にも昇格。

「これが私の生きたい人生なんだ」「もう、“みじめ”じゃない!」と思っていました。

 

 

 

ふたたび、目標を探して・・・


でも、時が経つにつれて。

 

この仕事を「何十年も続けられるイメージ」が湧かないことに気付きはじめました。

また、社会人一年目のときのように目標がなくなってしまったんです。

 

「目標がなくなると、“みじめ”になる。」

 

この恐怖から、私はまた「目標探し」を開始。

大量の交流会やセミナーに参加するようになりました。

 

そこで、次に見つけた目標が、「個人起業」でした。

 

今は、SNSを使って個人でも気軽に集客できる時代。

 

会社に所属しなくても影響力をもつ起業家の姿に憧れて、

私も会社員をしながら「週末起業」をはじめました。

 

 

 

週末起業の行く末


週末起業は、得意だった文章力を活かした「プロフィール作成代行」からスタート。

途中から個人向けコンサルタントも始めました。

 

目標があれば頑張れる私は、本業を続けながら平日の朝夜・休日もフル稼働。

売上は順調に上がっていきました。

t02200268_0789096013449676675

(起業駆け出しの女子を集めてイベントしたり。未だにお付き合いのある、良い仲間に出会えました。)

 

でも、売上が上がっていくほど、迷いが生じていきました。

 

結局、起業したとしても、その働き方で何十年も生きるイメージがもてなかったんです。

 

 

 

私はただ、「強迫観念」で頑張っていただけ


本業と起業でヘロヘロになっていた私。

ついにここで、はじめて立ち止まって考え、あることに気付きました。

 

「生きたい人生」に向かって頑張っていないと、“みじめ”になる。

 

私のモチベーションの根底にあったのは、考えてみればこの「強迫観念」でした。

 

私はただ、“みじめ”にならなために必死になっていただけのこと。

じゃあ・・・

 

「私の“生きたい人生”って何だったんだろう?」

 

 

このときすぐに答えは出なかった。

でも、「一度、走るのをやめてリセットしたい」と強く思ったんです。

 

そんな衝動に駆られて、私は急に「断捨離」をはじめました。

 

 

 

人生の断捨離でみつけた「心の声」


片っ端から、不要なモノをゴミ袋へ詰めていく「断捨離」

 

それはまるで、ずっと背負っていた恐れ・疲れまでを捨てているようで。

不思議と身体も心も軽くなっていきました。

 

私は、どんどん断捨離が病みつきになり、

ついには家も捨てたくなって「シェアハウス」に住むことを決意しました。

 

そのとき、自然と思い浮かんだものが、「鎌倉の海辺に住みたい」という想いでした。

海

(鎌倉の海は、こんな感じです。)

 

もともと、鎌倉の海には度々訪れたことがありました。

 

でも、鎌倉から職場までの所要時間は一時間半。

「住む」なんて考えたことはありませんでした。

 

でも。これがきっと、「心の声」が求めていること。

 

私はわずかな荷物だけを持ち、「鎌倉のシェアハウス」への移住を決めました。

 

 

 

鎌倉で出会った「本当の自分」


移住して、私は“生きたい人生”が少しづつわかるようになりました。

 

身の回りのモノが最小限になったおかげ。

「本当の自分の声」にどんどん気付けるようになっていったんだと思います。

 

象徴的だったのが、鎌倉に移住したばかりの頃。

はじめて家から徒歩で海へ行ったときのことです。

 

今まで感じたことがないくらい、心の底から「幸せ」だと感じて涙が出てきました。

umi

(家の近くの海。ただ、ここに居るだけで幸せです)

 

「これが私の生きたい人生だ」と、しみじみと思えたんです。

 

「目標に向かって必至に頑張らなくても、幸せに生きていける」

 

これは大発見でした。

 

そして、もう一つ大発見。

 

後で気付いたのですが、本当は私はずっと海が好きでした。

実は、小学校の卒業アルバムに「生まれ変わったら海の近くに住みたい」と書いていたんです。

17-03-11-00-06-54-417_deco

中高生以降、

私は必死に「生き抜こう」とするあまり、

純粋な心の声を忘れていたんだと思います。

 

ずっと“生きたい人生”を外に探し続けていました。

でも、本当はずっと私の中に埋もれていたんです。

 

 

 

私の「生きたい人生」


自分の“生きたい人生”を発掘できるようになり、私はあることに気付きました。

 

それは、「本当の自分」がわからなくなっている人が多い、ということ。

 

「常識」「周りの人」「憧れの人」など・・・

人は、何かと自分以外の人の生き方を辿ろうとします。

 

就職活動中の人も、普通に勤めている人も、起業家でも同じです。

 

でも、それは「本当の自分」ではない。

 

自分が心から望んでいない生き方を辿ったら、私のようにきっといつか苦しくなる。

 

「本当の自分」が生きたい人生に気付き、踏み出せる人を増やしたい。

 

 

そう思って、立ち上げたのが、「U32の会」。

同年代の若手が、「一歩踏み出すきっかけをつくるコミュニティ」です。

 

また、個人ではワークショップやセミナーを開催。

「本当の自分を知る」ことに焦点を当てた内容になっています。

66a4379c-s

「ミッション発見セミナー」を開催したとき。20名ほどの方が集まってくれました。

 

 

 

「本当の自分」に気付いたから、会社員を選ぶ


今、私には、心から「やりたいこと」がたくさんあります。

 

コミュニティづくりもセミナーも発信も、もっともっと力を入れていきたい。

 

本当は、これらをガッツリやるなら、フリーランスの方がいいのかもしれない。

でも、私はしばらく、会社員でいることを選びました。

 

その理由は、私が好きなこの言葉が示してくれています。。

 

「早く行きたいなら、一人で行きなさい。

遠くへ行きたいなら、みんなで行きなさい。」

 

私はずっと「人に流されたら“みじめ”になる」と、個人プレイで生きてきました。

 

でも、私がやりたいのは、

「“本当の自分”に気付き、“生きたい人生”を生きる人を増やす」こと。

 

壮大すぎて、一人では到底、成し遂げられません。

 

この壮大な世界観にたどりつくためには、人の協力が必要なのです。

 

だから、「会社で“みんな”と協力する術を学び直したい」と思ったんです。

 

sonntahiromi

私生活では、「海辺に住む」「コミュニティを作る」という

「本当の自分」の想いに従った生活を

 

もう一方では、「会社員」という

「本当の自分」とは少し違う働き方を。

 

今は、相反するこの二つの生活。

 

これは、いつか私生活も仕事も、

すべてが「“本当の自分”が望む”生きたい人生”」になるための準備です。

 

そう思えば、

会社勤めをする日々が、とっても有意義だし愛おしい。

 

ようやく「本当の自分」に気付いた私は、まだまだ道半ば。

だからこそ、その私が毎日少しづつ進む姿が、誰かの勇気になったら嬉しいです。

 

日々に閉塞感を抱える人に私の経験を届けたいです!共感してくださったら投票をよろしくお願いいたします(^^)

 

ライター総選挙の投票をする!

 

 

投稿者プロフィール

孫田 博美
孫田 博美
人材会社で働く傍ら、若手が一歩踏み出すきっかけをつくるコミュニティ「U32の会」を発起・運営中。また、特殊な家庭の影響で身に付いた「何でも頑張りすぎる性格」に無意識で苦しめられていたが、鎌倉移住により一変。大好きな海に癒され、心地よく生きられるように。このことから、「本来の自分を開放し、心豊かに生きる人を増やす」を個人のミッションとして、自らのライフスタイル発信、1000人のカウンセリング経験を活かした「生き方」のコンサルティング、イベント企画などを行う。

U32の会リーダー・孫田博美のofficialサイトやってます!
Pocket

Translate »