【交流/勉強会】東京で地方創生・地域おこしを考えよう『東京ローカルナイト part.2』(3月4日)

Pocket

「地方創生・地域おこし」

rocalnight3
(出典:pixabay)

重要ではあるんだろう…でもよく知らない…
なんて人は少なくはないのではないでしょうか。

 

「将来地元に帰りたい(U・Iターンしたい)」とぼんやり思っている若手社会人の方からすれば、少しハードルが高い部分でもあります。「興味関心はあるのだけれでも、そこまでまだ本気になれていないので、勉強会などには参加しづらい」という方も少なくないと思います。

 

また、「web上での情報などは得ているが、実際に地方創生にかかわっている若手と出会うことができない、リアルな情報を入手することが簡単ではない…」などの課題が東京にはあるのではないかと思っています。

 

そこで昨年11月に地方創生・地域おこしを気軽に学べる、知れる、つながれる東京ローカルナイトを立ち上げました!今回はその第二弾のお知らせをできればと思います。

 

 

 


◆東京ローカルナイトって何?

rocalnight5
(前回はリディラバさんとコラボしてやりました)

一言で言えば、地方創生・地域おこしについて東京のど真ん中で、飲みながら「学べる・知れる・つながれる」勉強会&交流会です。

以前、別の交流会で「地方創生」をテーマに開催したところ40名以上の方々にご参加頂き、やはり今このテーマは旬であり、20代・30代の若手社会人の中にも「もっと学びたい!知りたい!つながりたい!」と思う方は確かにいるんだと感じています。

一過性のモノではなく、定期的に地方創生・地域おこしについて触れられる機会を作っていこうと思います!

 

※前回の東京ローカルナイト
【交流/勉強会】東京で地方創生・地域おこしを考えよう『東京ローカルナイト 11/6』

東京ローカルナイトに参加する!

 

 

 


◆今回のゲストについて

今回は島根県海士町への移住、起業経験を持つ株式会社アスノオトの代表取締役CEOの信岡良亮さんをお招きしております!

・海士町への移住の話(実際どんな所なの?)
・離島で起業した話
・今やっている地域共創カレッジについて

などをお話して頂く予定です!

 

 

・信岡 良亮さん

rocalnight2
(出典:ご本人のfacebookより)

1982年生まれ。関西で生まれ育ち同志社大学卒業後、東京でITベンチャー企業に就職。Webのディレクターとして働きながら大きすぎる経済の成長の先に幸せな未来があるイメージが湧かなくなり、2007年6月に退社。

小さな経済でこそ持続可能な未来が見えるのではないかと、島根県隠岐諸島の中ノ島・海士町という人口2400人弱の島に移住し、2008年に株式会社巡の環を仲間と共に起業されています(現在は非常勤取締役)。

 

6年半の島生活を経て、都市と農村の新しい関係を創るために東京に活動拠点を移し、2015年5月に株式会社アスノオトを創業。現在、地域創生の次なる取り組みとして「地域共創」という、する側、される側という関係を超えて同じ未来を創る「地域共創カレッジ」を開催されています。

 

 

※こちらも併せて読んで頂ければより、どんな人なのか?を感じられると思います!

【地方創生・小豆島】島のモデルは「いかに関係性を良くして参加者を増やすか」。都会と田舎の関係性を創る事に挑戦する株式会社アスノオト代表・信岡良亮さん(前編)(BUSINESS NOMAD JOURNAL)

 

【島根県海士町】ぼくが島にたどり着くまで‐巡の環 信岡良亮‐(灯台もと暮らし)

 

 

 


◆地域共創カレッジって?

rocalnight
(出典:地域共創カレッジ)

「都会と田舎の共なる未来に向けて」

 

都会が稼いで田舎が育む。そもそも、都会も田舎もひとつの日本という国の一員です。

田舎で起こる過疎化や一次産業の後継者不足、都会で起こるワーキングプアや待機児童問題。これらはそれぞれ別の問題ではなくつながりを持ったコインの表裏だと考え、都会と田舎の複合的な観点からどちらにも嬉しい未来を創ることができる人が増えていかないかと考えたそうです。

 

そこで他者とチームを創り未来に向けて共に歩んでいくために、「地域共創」という新たなワードを掲げ、「する」、「される」という関係性を超えて同じ未来に向かってチームを創る場として、地域共創カレッジを開設。

2016年10月に第一期生が卒業し、現在一人ひとりが「地域共創」に向け歩み始めているそうです。

 

 

 


◆こんな方にオススメ!

rocalnight6
(前回の様子)

 

・地方創生・地域おこしに興味がある
・すでに地方創生に関わっている人
(仕事でもボランティアでも)
・将来U・Iターンを考えている
・島根県海士町に/信岡さんに興味がある
・地域共創カレッジに興味がある

 

当日参加される方も上記に該当されるような方々ですので
濃いつながりがつくれるのではないかと思っております!

 

 

参加してみたい!と思った方はコチラから!

東京ローカルナイトに参加する!

 

 

 


【参考/引用】
株式会社アスノオト

地域共創カレッジ
「3.11で世の中は変わらなかった」。都会と田舎の新しい関係をつくるために

◆BUSINESS NOMAD JOURNAL
【地方創生・小豆島】島のモデルは「いかに関係性を良くして参加者を増やすか」。都会と田舎の関係性を創る事に挑戦する株式会社アスノオト代表・信岡良亮さん(前編)

◆灯台もと暮らし(これからの暮らしを考えるウェブメディア)
【島根県海士町】ぼくが島にたどり着くまで‐巡の環 信岡良亮‐(灯台もと暮らし)

投稿者プロフィール

パラレルキャリア通信 編集部
パラレルキャリア通信 編集部
パラレルキャリア通信編集部です。主に複業(副業)の方向けの記事を書いていきます。ノウハウ記事をはじめとして、実際に一歩踏み出せるための記事も提供していきます。
Pocket

Translate »