【働き方を考える】キャリア/やりたいことを考える上で必要な事 ~後編~

Pocket

kouhen
(出典:ぱくたそ)

明日から「仕事始め」という方も多いのではないでしょうか。
「2017年をどんな1年にするのか?」じっくり考えられましたでしょうか?

どんな目標でもいいんです。

 

『健康に気を付ける』
『ダイエットをする』
『恋人をつくる』
『シゴトをがんばる』

 

正解なんてありません。

自分自身が何をやりたいのか?どう生きたいのか?が肝心なんです。

 

さて、前回までにやりたいことをやる3つのステップ
「知る→試す→やる」
のうち、「知る」と「試す」についてはご説明しました。

【働き方を考える】キャリア/やりたいことを考える上で必要な事 ~前編~

【働き方を考える】キャリア/やりたいことを考える上で必要な事 ~中編~

 

今回は3つ目のステップ「やる」について触れていきたいと思います。

 

 

 

◆「やる」ということは簡単、難しいのは…


kouhen1
(出典:ぱくたそ)

誰しも「やる」のは簡単です。
そこに関するハードルは心理的なものや金銭的なものが伴いますが
いざ、決断してしまえば、なんということもないのが現実です。

 

ただ、難しいのは「継続」することです。

 

おそらくみなさんも

『やりたいことをずっとやっていくのができるのか?』

という不安に苛まれて、一歩踏み出せないという方が大半なのではないでしょうか?

 

「継続をしていくこと」に感してはおそらく多くのビジネス書籍でも取り上げられている事かと思います。
※なので、ここでは触れません。

 

ここで触れたいこととしては

「あなたのその『やりたいこと』はライフワークなの?ライスワークなの?」

という事です。

 

 

 

◆ライフワークとライスワーク


kouhen2
(出典:ぱくたそ)

ライフワークとは

『生活のために、ごはんを食べていくために働くこと』 

 

ライスワークとは

『仕事とプライベートは分けず、自分の使命と思える仕事で働くこと』

 

あなたのやりたいことはどちらでしょうか?
繰り返しますが、どちらが正しい、間違っているという話ではありません。

自分自身のやりたいことが「お金が稼げない」ことでもいいんです。
全てがビジネスにつながる必要はないんです。

 

会社員をやりながら、週末はNPO団体やボランティア団体の活動に参加する
地域の行事や子供の行事に参加する…

やりたいことは色々。

ただ、そのやりたいことが自分にとって、ライフワークかライフワークか?
という位置付けがはっきりしていることが大事だと思います。

 

とかく起業や複業(副業)では
「お金を稼がねば…」というプレッシャーがあると思っています。
※本来はそんなものないはずなんですが

別にいいんです、稼がなくとも。
自分自身が何のためにやっているのか?がはっきりさえしていればいいんです。

 

 

 

◆やりたいことをやれているというのが一番「幸せ」を感じられる


kouhen3
(出典:ぱくたそ)

人は自分自身、「やりたい」と思っていることをやれている瞬間こそ、一番幸せを感じられるんだとか。

実際、僕も前職の会社には自ら入りたくて入ったものの、当然シゴトの中にはやりたくないこと、業務命令上仕方なくやることも多かったです。そういうシゴトをやっている瞬間が一番しんどかった記憶があります。

会社を辞めて起業しようが、複業をしようが
どこかである一定の稼ぎを得て生きていかねばならない現代社会において
稼ぐことを放棄することは至難の業です。(例外については触れませんが)

 

なので、一定程度はシゴトと向き合わねばなりません。
そういった現実の中でも、自分自身がどうしたいのか?を考えていく必要があると思います。

 

 

 

◆何故ここまでしつこく訴えるのか?


kouhen4
(出典:ぱくたそ)

ここまでしつこく訴える理由は

「自分の『やりたいこと』をちゃんと考えておかないと、結局周りに流されて生きる人生を送る」

からです。

 

 

もちろん、それでいい!という方を否定するつもりはありません。
自分自身のやりたいことを考えて、選択をするという先に一定のリスクは当然あります。

起業して失敗して、会社が倒産する…
なんてことも少なくはありません。

 

 

ただ、サラリーマンで居続ける、今の生活を流れにそって続けても
別のリスクがついて回ります。

現在の定年は60歳~65歳程度ですが、平均寿命は80歳近く。
定年退職から15年~20年程度ありますが、年金と貯金だけで生きていけますでしょうか?

もし、結婚していれば子供が独立をしていても、夫婦二人暮らし。
1年間で最低300万円程度はないと生活が厳しいと思います。
15年~20年程度と考えると4500万円~6000万円。

家一棟が建ちますね。

 

 

僕は今28歳ですが、あと40年後の日本では年金などあてにできません。
給料もうなぎ登りに上がる時代でもなく、貯金もたくさんできる見込みはありません。

そう考えると、どの道、僕らが進む道はいばらの道だと思います。
だったら、やりたいことを一生懸命やって、後々後悔したくない。
そう考えています。

 

 

周りを見渡しても
「あの時ああすればよかったなぁ」
「大学生のころに戻りたい」
という発言をする人は本当に多いです。

 

そういう人を見るたびに

今からでも遅くないからチャレンジしていこう!

と思い、働きかけをしていたりします。

 

一度しかない人生、やりたいことをもっともっとみんながやれたらいいのに。
そんな想いでこんな記事を書いています。

2017年が皆様にとって、やりたいことを一歩でも始められる、進められる一年になるよう願っております。
今年も色んな情報発信、意見発信をしていきますので、改めて宜しくお願い致します!

投稿者プロフィール

日比大輔
「やりたい」をもっと素直に実現したい!5年勤めたヘッドハンティング会社を16年7月に辞めて、現在は就活サポート・若手社会人のお悩み相談を受けています。新しい働き方のトレンドやまとめ記事など多種多様にブログで発信していきます。
Pocket

Translate »