【求人尽力】 ~自分を求めてくれる人に全力を尽くす~

Pocket

kaji
(出典:日本一周中に仙台の古民家再生を手伝った時)

こんにちは、パラレルワーカーの梶です。

teru

突然ですが、本日は1つ報告があります!

先日、お互いに話し合った上で
12月末で2社のうちの1社、辞めることになりました。

 

これで
パラレルキャリアを始めるきっかけとなった2社(片方は9月末退社)から離れることに。

 

kaji
(出典:日本一周中に撮った写真「香美町」にて)

 

 

 

キャリア選択を考える時期へ


2015年3月末で丸2年働いた銀行を辞めて

2015年5月~12月で自転車日本一周して(http://natural-naoki.com/japan-around/

約半年間の燃え尽き症候群のニート期間を経て

 

2016年7月から始めたパラレルキャリア。

 

 

「やりたいことをやる」

 

というよりは

ある程度動きやすい状態にして、
自分の幅を広げる、色んな選択肢を持つために選んだ働き方

 

 

 

「旅前にHP作って
日本一周中もずっとブログ更新してたし
web関係のことはある程度できるよね?」

 

 

「国や大企業に太い人脈のあるベンチャーだけど、動ける人材が少ない。銀行を辞めてまで(安定を捨ててまで)自転車で日本一周した人のエネルギーを欲している」

 

 

たった2年、銀行にいただけ。
7ヶ月かけて自転車で日本一周しただけ。

 

 

それでも、こーやって自分を求めてくれる人がいた。
スキルを持った人ではなく、スキルがない自分に賭けてくれる人がいた。

 

 

正直な話、一生をかけてまでやりたいことがあるわけではない。
(こうなったらいいかな、これがあればいいかも、ぐらい)

 

だから、本気でやりたいことがある人がうらやましい。
でも、やりたいことがなくても、生きていかなくてはならない。

 

 

なら、与えてもらったことを精一杯やる。
目の前のことを、自分を求めてくれる人のために、全力を尽くす。

 

それが、先に繋がっていくはず

 

 

だから1年先、3年先、5年先なんてわからない。
わからないし、自分が容易に想像できる未来ほど寂しいものはないと思う。

 

kaji
(出典:日本一周中に取った写真「沖縄から鹿児島への25時間フェリーの道中にて」)

 

 

 

変化を楽しみながら生きる


今を楽しみながら、生きること。

それこそが今を生きている人がやるべきこと。

 

将来のために我慢する。
我慢したところで、その将来は本当に訪れるのだろうか?

今から老後のことを考えたとして、
そのまま世の中が何も変わることなく訪れる老後なのだろうか?

本当に数十年先まで生きてられる保証はあるのだろうか?
今の勤め先がずっと変わることなくあるのだろうか?

 

 

もちろん、色んな選択肢があって、色んな回答の人がいる。
それが人それぞれの価値観だし、その人の人生。

 

ただ、この世界は変化がつきもの。
安定という名の幻想にしがみつき、変化に対応できないものは淘汰されていく。

 

それなら、変化することを楽しみながら生きていく。
価値観の変化=成長として。
そう捉えて生きていく方が面白いよね。

 

大人になったからといって、
もう年だから、といって、勝手に自分の限界を決める必要はない。
変化する自分への期待を持ちながら、生きていこう。

投稿者プロフィール

梶 直輝
銀行員→旅人→ニートを経て、現在2社で働くパラレルワーカーです。ブログでは「パラレルワーカーの実体験」を主に書いていきます。自然人(自分の心に素直に生きて、誰かを輝かせられるような人=直輝)としての生き方を模索中。
Pocket

Translate »