複業家(パラレルワーカー)/フリーランスとの座談会「わらじナイトvol.2」に出演!

Pocket

 

11月11日(金)パラレルキャリア通信のイベント、「わらじナイトVol.2」にゲストとして参加してきました!

 

 

img_5165

 

 

◆そもそもわらじナイトとは?

複業(パラレルキャリア)を中心に、フリーランス・個人事業主などの働き方を実践している人に直にあって、話ができる機会です。

パラレルキャリア通信のように、web上で情報発信をするだけでなく、実際に複業やフリーランスなどの働き方を実践している人に会って、お話を聞いた方が、ずっと実になるのではないか?と思ってやっている座談会です。

 

パラレルキャリアやフリーランスには興味があるものの

「どうやって始めればいいのかわからない…」
「ぶっちゃけ生活していけるのか?」

この辺りは気になりますよね。
web上で書くことのできないリアルな話も多いので
直にあって、みんなで意見を揉むことのできる座談会という形式を採っています。

 

 

 


◆ゲストはパラレルワーカー(複業家)とフリーランスエンジニア&デザイナー!

・フリーランスデザイナー(23歳) 金子智也さん
kaneko-profile

・フリーランスエンジニア(29歳) 千代窪将大さん
tiyo

・パラレルワーカー(26歳) 私、梶直輝です!
teru

 

 

このゲスト3名と20名くらいの参加者の皆さんと座談会をしました!
まずはゲストトークの一問一答から!

・実際に始めたときってどんな気持ちだったの?
・ぶっちゃけ儲かるの?
・どうやったら始められるの?
・どうして複業/フリーランス/個人事業主を始めようと思ったの?

ネットでは書けない内容もあるので…(笑)
自分が感じたこと、感想等をシェアします。

 

 

 


◆一問一答でぶっちゃけよう!

img_5172

 

4つの問答に答えましたが、中でも印象的な二つのことについて触れてみたいと思います!

 

 

Q.どうやって仕事をもらっているのですか?

*他のゲスト2人はエンジニア、デザイナーとしてのスキルを持っているが、自分は特別なスキルは持っていませんでした。

A.「ズバリ…人との繋がりです!

ゲスト全員共通の意見ですが、特に自分はそれが強いです。
卑屈になる訳ではないですが、自分には特別なスキルがないからです。

自分ができることは目の前の人と向き合い、その人の喜んでもらうことをする、こと。

銀行員時代の上司に
 「営業は自分のファンになってもらうこと。」
 と言われてから、それを意識して行動しています。
(ファンになってもらえれば何でもやってもらえる、と。この時はお願いセールスをする時の前提としてですが

どんなことからも学べますよね。
銀行員時代は今の自分の基礎となることを色々と学ばせてもらいました、本当に。

 

 

 

Q.仕事を与えてもらった人や繋げてもらった人、何かしてもらった人にどんなことをお返ししているのですか?

A.今の自分でできることで返しています!

正直に言うと、今の自分には直接、お世話になった方たちの力になれるケースが少ないと思うので、間接的なことではありますが、お返しするようにしています。

例えば、日本一周中で言うと

・感謝の気持ちを伝える
・その人の元を離れてから当日の夜or翌日の朝等、無事の報告
・各地の写真をプレゼント
・現地で人を繋げる
・ブログでの旅の報告
・出されたものは残さない(最大6軒はしごしたことも)等

など、とにかく今の自分にできることで返していました。

 

自分に対して与えてくれる人は損得勘定とかを抜きにして、上から下への流れを意識して生きている人たちだと思ってます。

おそらく、相手も若い時に自分がやってもらったこと。
それを今度は自分がその立場になったから、返してるだけ。

だからこそ、その与えてもらうことを拒否するのではなく、ありがたく受け取り、自分もその立場になった時に下に流していく。そうやって、流れを絶やさないこと。

それが重要だと思ってます。

 

「若さ」、「人柄」も才能の一部だし、「おごってもらえる」、「手伝ってもらえる」のもその人の魅力の一つ。

甘えるときは甘えて、自分に余裕ができたときに返していけばいいんじゃないのかなって思っています。

 

 

 


◆最後に

 

img_5160

 

 

先が見えないのは不安。ただ、それは経験したことないから不安なだけであって、経験すればそこから学び、また次への一歩を踏み出すことができる。」(銀行員時代の研修中に人事の人に言われた言葉)

 

旅をしたことある人ならわかるかと思います。

 

この道の先はどうなってるのかはわからない。
でも、歩き続ければ何かしらの道しるべが、光が見えてくることを知っている。
だからこそ進むべきときは決断し、行動あるのみ

 

その中でも、楽しむ気持ちを大切に。

 

自分の捉え方、楽しみ方、工夫の仕方次第で、人生どうにでもなると思います
せっかくなら、楽しく生きた方がいいですよね。
あなたの笑顔は周りに連鎖していくと思います。

 

 

 

これからもパラレルワーカーとしての歩みを進めながら、webだけでなくこういったリアルな場で
働き方/生き方の発信ができればと思います!

投稿者プロフィール

梶 直輝
銀行員(2年)→旅人(自転車日本一周)→ニート→パラレルワーカー(27歳)です。WordPressによるHP制作、転職エージェント、フォトグラファー、動画制作のコーディネーター、その他諸々…を仕事としてやってます。
じっとしてられない性格なので…プライベートでもツリーハウスや旅関係のイベントだったり、いろんな活動をしてます。
また、日本二周目と称して、お世話になって人に挨拶しながら全国各地にも出没中。「日本なら2日あれば往復できる」が口癖。ブログでは「日本一周、イベント主催(旅・自然体験系)」などの自身の体験を基づくものを中心に発信。
自然人(自分の心に素直に生きて、他の誰かを輝かせるような人=直輝)としての生き方を模索中。
Pocket