【交流/勉強会】東京で地方創生・地域おこしを考えよう『東京ローカルナイト 11/6』

Pocket

tihousousei1
(出典:yukatoyama.com)

最近話題の「地方創生・地域おこし」
政府は地方創生をテーマとして担当大臣を据えて取り組もうとしています。
各地方自治体も東京などの都心で「地方創生・地域おこし」をテーマで勉強会などのイベントが開催されています。

宮崎県日南市、長野県小布施町、島根県海士町…
などなど地方創生や地域おこしに興味のある方であればこれらの市/町の名前は聞いたことがあるかもしれません。

 

しかしながら、よほどの興味関心がなければ、実はこれらの情報にリーチするのは難しいと思っています。こんな時代なのでgoogle検索をすれば、見れなくもないのですが、「将来地元に帰りたい(U・Iターンしたい)」とぼんやり思っている若手社会人の方からすれば、少しハードルが高い部分でもあります。

「興味関心はあるのだけれでも、そこまでまだ本気になれていないので、勉強会などには参加しづらい」という方も少なくないと思います。

また、「web上での情報などは得ているが、実際に地方創生にかかわっている若手と出会うことができない、リアルな情報を入手することが簡単ではない…」などの課題が東京にはあるのではないかと思っています。
*あくまで私の個人的な感想ですが…

 

そこで来月11月から新たに
地方創生・地域おこしを気軽に学べる、知れる、つながれる東京ローカルナイトというイベントを立ち上げました!

前置きが少し長くなりましたが、今回は東京ローカルナイトのご案内ができればと思います。

 

 

 

 

 


◆東京ローカルナイトって何?

localnight
(出典:登山と写真で仕事をしている人。)

一言で言えば、地方創生・地域おこしについて東京のど真ん中で、飲みながら「学べる・知れる・つながれる」勉強会&交流会です。

実は以前、7月に別の交流会で「地方創生」をテーマに開催したところ
40名以上の方々にご参加頂き、やはり今このテーマは旬であり、20代・30代の若手社会人の中にも「もっと学びたい!知りたい!つながりたい!」と思う方は確かにいるんだと感じていました。

一過性のモノではなく、今後定期的に2か月に一度くらいのペースで
地方創生・地域おこしについて触れられる機会を作っていこうと思います。

 

 

東京ローカルナイトに参加する!

 

 

 


◆今回のゲストについて

localnight2
(出典:リディラバHPより)

 

今回はソーシャルイシューを発見するツアー等を提供するリディラバの方をお招きしております!
「地域の持つ社会課題」をテーマにお二人のゲストにお越し頂いております。

 

 

・豊田 健さん(リディラバ)

localnight3
(出典:リディラバHPより) *右から2番目が豊田健さん

神戸市出身。東京大学在学時代、南米音楽に傾倒しベネズエラに2度渡り、現地国営放送でも出演するなど時の人となる。その後大手総合商社に入社し引き続き南米を担当。ボリビア・メキシコの鉱山業務に従事。

その後大学時代から関わっていたリディラバから声をかけられ現職へ移動。長野・広島を中心に全国の地域課題解決の取り組みを取材し、スタディツアーのコンテンツ化する事業を進めていらっしゃいます。

 

 

・益田 啓光さん(リディラバ)

localnight4
(出典:ご本人のfacebookから)

熊本出身、右投げ右打ち、35歳、独身、坊主歴8年。九州大学にて燃料電池の研究で工学博士号を取得するも、工学系の路線を捨て福岡のシステム会社にSEとして入社。しかし、会社の方針でSEにはならず、WEB制作サービスを立上げることに。この頃、失恋を機に坊主に。その後、広告代理店に転職し、WEB広告の専門チームで活躍。2015年の年末に現在所属するリディラバ代表安部に出会い転職を決意。2016年7月に転職を機に東京へ。自治体チームに配属され、9月より鹿児島県長島町で「移住×事業承継」案件を担当されていらっしゃいます。

 

 

 


◆リディラバって?

localnight6
(出典:リディラバさんのスタディーツアーの専門サイト 「TraveltheProblem」より)

先ほど少し紹介しましたが、ソーシャルイシューを発見する“旅”を提供するのがリディラバです。
2009年より個人向けのスタディーツアーを開催し、2010年には修学旅行事業や「みんなで作るissue(問題意識)の百科事典」である TRAPRO(トラプロ) 事業などもスタート。また、ソーシャルセクター全体のコミュニティの強化、活性化のためにNPO経営者や企業経営陣、行政、メディア、CSV担当者など様々な方が集まれるR-SIC(Ridilover Social Issue conference)スタートというイベントの立ち上げ…など数々の事業を展開されています。

 

その根幹にある想い(理念)は

社会問題を解決するより前に、やることがある。 「あたりまえだから」という言葉をよく耳にします。 あたりまえ、と思ってしまった瞬間に、考えることをやめてしまう。 それは、この社会に大きな無関心の構造をつくりだしているのではないでしょうか。 さまざまな社会問題の現場に実際に足を運んでみると、 社会への無関心の構造がどの問題の前にも存在することを感じます。 この構造をまず変えない限り、どの社会問題も根本から解決することはできない。 リディラバHPより 理念・リディラバのはじまり

とのこと。

社会への無関心を打破するために、具体的に個人がかかわる機会を作る。
そのために『一個人が社会問題により深く携われ、より自分ごと化することができる「旅」をメディアにする』そんな想いからリディラバは始まっています。

 

そんなリディラバさんとの今回はコラボ企画です!

 

 

東京ローカルナイトに参加する!

 

 

 


◆こんな方にオススメ!

localnight7
(出典:ぱくたそ)

・地方創生・地域おこしに興味がある
・すでに地方創生に関わっている人
(仕事でもボランティアでも)
・将来U・Iターンを考えている
・リディラバさんに興味がある

当日参加される方も上記に該当されるような方々ですので
濃いつながりがつくれるのではないかと思っております!

 

参加してみたい!と思った方はコチラから!

東京ローカルナイトに参加する!

 

またイベント後にもレポートを上げていきたいと思います!

 

 


【参考/引用】
◆リディラバ
リディラバHP

スタディーツアーの専門サイト 「TraveltheProblem」

投稿者プロフィール

パラレルキャリア通信 編集部
パラレルキャリア通信 編集部
パラレルキャリア通信編集部です。主に複業(副業)の方向けの記事を書いていきます。ノウハウ記事をはじめとして、実際に一歩踏み出せるための記事も提供していきます。
Pocket