起業・フリーランスにまつわるお金の話part.1 ~法人クレジットカードって何?メリットは?~

Pocket

money
(出展:pixabay)

起業する、フリーランス(個人事業主)なる
現実的な話をすると「お金まわりのことが気になる…」って方は多いのではないでしょうか?

 

今回は起業・フリーランスにまつわるお金の話として
「法人クレジットカード」について触れてみたいと思います。

 

 

 

◆そもそも法人クレジットカードって何?


 

money2
(出展:pixabay)

結論から言いますと「法人(つまり株式会社・有限会社)のためのクレジットカード」です。
カード会社によって法人カード、コーポレートカード、ビジネスカード…など呼び名は
いくつかありますが、ビジネス・仕事関係の支出のためのカードのことを指していました。

 

実は…最近では、法人格を持たない個人事業主でも作成できる法人カードといったものが
増えているのをご存じでしょうか?更に開業していないただの社会人でも作れる
ビジネスカード
…なんていうものもあります。

 

 

 

◆どういう人に向いているの?


 

money3
(出展:pixabay)

・個人事業主、フリーランス、起業家など

・仕事でクレジットカードを使う人(サラリーマンだってOK!)

特に
・経費精算などの時間がもったいないと感じている人!

・経費精算の手間をなくしたい、もっと楽にしたい!
と思っている方にオススメです!

 

 

 

◆メリットは何?


 

money4
(出展:ぱくたそ)

法人クレジットカードのメリット、大きく分ける二つです

・経費精算にかかる手間と時間を省ける
・ビジネス向けの特典がある

では細かく見ていきましょう!

 

 

①経費の支払いに使える

keihi
(出展:ぱくたそ)

ご存じでない方が多いかと思いますが、
個人用のクレジットカードは本来は会社の経費の支払いには利用できません
正確に言いますと、カード会社の『規則違反』にあたります。

 

例えば 三井トラストクラブカード
規約の8条の4項には
『会員のカード利用が転売目的での販売用商品の購入や仕入代金の支払い等の商行為にあたる等、
当社が適当でないと判断したとき』
と記載されています。

カード会社によって対応は異なるようですが、支払い先が常に●●株式会社、○○商事…などに
なっているとビジネス利用なのでは?と思われて、利用が止められるケースもあるようです。

 

その点、法人クレジットカードは仕事をすることを前提に作られているカードなので
何の問題もなく進めることができます。余計なトラブルを抱えたくなければ、
法人クレジットカードを作った方がストレスなくやりとりができますね。

 

 

②経費の支払いを区別できる

 

money5
(出展:pixabay)

経費精算はとても面倒な作業。しかも売上を作ることにつながらないので、
非生産的な作業とも言えるかもしれません。
個人カードと法人カードを分ければ、法人カードの支払い履歴だけを計算すればいいので、
仕分けやすいですよね。

会社が大きくなれば、経理部を作り、担当者を置くことになると思いますが、
担当者から何度も支払いの項目についての確認の連絡を受けるアナタも
担当者も互いに無駄な作業が発生してしまうことも…。

 

また、個人事業主の方も同様に、ちまちまと経費精算作業をしている時間があれば
営業したり、サービスを作りこんだり…とやりたいことはたくさんあるはず。
余計な手間・時間を省くことができるのも大きなメリットです。

 

➂カード決済-クラウド会計ソフトの組み合わせで経費精算が楽に

 

money6
(出展:pixabay)

私は前職でだいたい月1回経費精算をしていましたが、なかなか面倒でした。
仕事で首都圏の各所で人と会うので、その際の喫茶代金・交通費代金の領収書を取っておき、
日にち毎に所定のフォーマットに入れて、領収書を貼って作っていました。
大体1,2時間くらいかかっていた気がします。

 

しかしカードでは電子データが残せるので、クラウド会計ソフト(freeやMFクラウド会計など)と
連動させれば面倒な記帳作業をなくすこともできます。

 

 

④立て替えをなくせる

 

money7
(出展:pixabay)

起業・独立したばかりの時期だと「自分の財布(お金)の中から立て替えする」
といったことはどこにでもある話。でもこれって後が面倒ですよね。

法人カードは企業の銀行口座から引き落としがされますから、立て替え自体が無くなります。
また経費精算は前述のとおり楽になります。

 

ちなみに車、特に高速道路をよく利用する事業であれば
ETCカードも合わせて作った方がいいかもしれません。
経費精算が楽になる + その車がどこの経路を使っているか?などの
履歴も残るので管理もしやすくなります。

 

 

⑤ビジネス用のレポートも作ってくれる

 

money8
(出展:ぱくたそ)

一部のカードでは払った経費の仕分けをレポートしてくれるものもあります。

アメックスのビジネスゴールドでは
四半期(3か月)ごとに「利用集計」と「利用詳細」をレポートしてくれます。
つまり月ごとにどの業種に対してどんな支払いがあったのか?が分かります。

経営分析をする上でこれらの数字は積み重ねたものから通常は自分で仕分けて分析をしますが
サービスの一環でここまでやってもらえると手間が省けて良いですね。
余分な支出などを見直して経費削減などにもつなげやすくなる可能性がありそうです。

 

 

⑥ビジネス向けの特典があること

 

money9
(出展:pixabay)

これもまたカードによって異なりますが、
例えば海外の空港のラウンジが使えたり、レンタルオフィス・会議室が使えたり、
各種サービスが受けられたりと様々なサービスがあります。

 

 

6つ上げましたが、冒頭お伝えしたとおり大枠としては

・経費精算の手間と時間を省ける
・ビジネス向けの特典がある

という事だとお分かり頂けましたでしょうか?

 

 

次回はおススメの法人カードってどれなのか?
ということに触れてみたいと思います。

※次回の記事はコチラ!

起業・フリーランスにまつわるお金の話part.2 ~おススメの法人クレジットカード?~

 

 


<参考/引用>

◆クレジットカードの読みもの
おすすめの法人向けクレジットカードまとめ(個人事業主でも作成可能)!経費の支払いでクレジットカードを利用するなら。

投稿者プロフィール

日比大輔
「やりたい」をもっと素直に実現したい!5年勤めたヘッドハンティング会社を16年7月に辞めて、現在は就活サポート・若手社会人のお悩み相談を受けています。新しい働き方のトレンドやまとめ記事など多種多様にブログで発信していきます。
Pocket

Translate »